*

Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのですが、IEの右クリックにブックマークレットを登録するためには、

  • 適切なディレクトリにJavascriptを含んだHTMLを設置
  • レジストリエディタで設置場所及び右クリックの出現タイミングを設定

ということをしなければなりません。

さすがに全PCでこちょこちょ作業するのも手間なので、インストーラを配布して、各自で作業してもらうことを思いつきました。

Inno Settupという古くからあるインストーラ作成ツールを利用したので記録しておきます。インストーラを作るなんて大それたことだと思っていたのに、意外にも簡単で驚きました。事務職の方でもファイル配布方法のひとつとして覚えておいて損はないと思います。

あとから気付きましたが、バッチファイルでもすべてこなせそうですね。

Inno Setupのインストール

Inno Setupからインストーラをダウンロードしてインストール。メニュー類を英語のままで使うのであれば、特にすることはありません。

Inno Setupの使い方

  • インストール後、Inno Setup Compilerを起動
  • サンプルスクリプト(インストール手順書のようなもの)を参考に変更していく
  • メニューのBuild→Compileでセットアップファイルを作成

と意外にも簡単でした。

Inno Setupのスクリプトについて

サンプルスクリプトが非常に参考になります。サンプルスクリプトはインストールディレクトリのExamplesの中に入っています。今回、Example3.issがレジストリを書き換える動作のサンプルとして使えました。

レジストリを操作するインストーラーを作成する場合、[Setup]、[Files]、[Icons]に加えて[Registry]項目を設定していきます。レジストリ内容については、Regeditでエクスポートしておくと作業が捗ると思います。下記に今回、作成したセットアップスクリプトを記載しておきます。

使っているうちにわかったことをいくつか。

  • セミコロンでコメントアウトとなります。
  • スクリプト内ではディレクトリ名を表す記法がいくつかあるようです。
  • {pf}はProgram Filesですね
  • {app}はDefaultDirNameと同じ?
  • アイコンは設定しなかった
  • OutputDirはuserdocs:Inno Setup Examples Outputの設定でマイドキュメント内のInno Setup Examples Output
  • レジストリでDword値はValueDataで設定できるが、10進数による指定のようです

手段と目的が入れ替わってしまわないよう(調べている時間で複数PCの設定が終わってしまうようでは・・・)、今回は最低限の調査にとどめたので詳しいことには触れませんでした。

下記のレジストリ設定により、IEの右クリックで表示されるコンテキストメニューに2項目が追加されます。IEの右クリックメニュー追加についてはぐぐってみてください。

こちらが参考になりました。ありがとうございます。

今回作ったスクリプトファイル(例)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 57
PAGE TOP ↑