*

WordPress用Google Adsenseプラグイン

公開日: : wordpress

MTでは管理画面でテンプレを呼び出して編集してましたが、WordPressではAdsense用のプラグインがあるので便利です。私は

All in One Adsense and YPN – WordPress Plugin
Manage your google adsense and yahoo publisher network ads in your blog | Linux and Open Source Blog
http://www.linewbie.com/wordpress-plugins/all-in-one-adsense-and-ypn

を導入してみました。そのままだと日本語の広告が出ませんので、プラグインall-in-one-adsense-and-ypn.phpを書き換えました。660行あたりに、

google_language = “ja”;

と一行追加でOK。

↓こんな感じ。

$retstr .= ‘google_ad_client = “pub-‘.$client.'”;
google_language = “ja”;
google_alternate_color = “FFFFFF”;
google_ad_width = ‘.$width.’;
google_ad_height = ‘.$height.’;
google_ad_format = “‘.$size.’_as”;
google_ad_type = “‘.$ai_adtype.'”;
google_ad_channel =”‘.$channel.'”;
google_color_border = “‘.$color_border.'”;
google_color_link = “‘.$color_link.'”;
google_color_bg = “‘.$color_bg.'”;
google_color_text = “‘.$color_text.'”;
google_color_url = “‘.$color_url.'”;
google_ui_features = “‘.$corners.'”;

このプラグインのソースを見てると、クリックのうち3%を制作者に回すようになっています。寄付ということなのだと思いますが、他の類似プラグインだと明記してあるのに、ドキュメント類にも明記はされていないように思います。また、広告位置が先頭というのが好みではないので直さないとと思ってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 55
PAGE TOP ↑