*

表形式のCSVをデータベースに収めるために変換するRubyスクリプト

Rubyは手強いなぁ。「たのしいRuby」も厚みが2.5cmくらいあるし。

しかし、先日、Windows用のRuby環境であるRumixをインストールしたので、仕事用Windowsマシンでも気軽にCSVファイルの処理なんかができるようになって、これは世界が広がるような気がするので記録。

会計データの処理用に6年くらい前に作ったバッチファイルは毎月使い続けてるけど、中身はというとsedとsortとgawkでテンポラリファイルを流して、流して、を繰り返しているような代物。いい加減にRubyに書き換えてみよう。そのうち。でもま、今動いてるから変える必要もないんだけど。

表形式のCSVを変換する

よくあるエクセルの表ですが、データベースには流し込みづらいので変換します。実務としては、基幹システムに旧システムのデータを流し込むために作業しているところ。今度のシステム屋は気がきかないので、いろいろとお膳立てしておかないとならない。

またそのうち書くかもしれないですが、春先に住所から各社運賃を計算するツールを作成したのですが、その時も同様にして、各社運賃表をデータベースに流し込みました。

無題スプレッドシート  Google スプレッドシート 1

201407.csv

変換結果

Rubyスクリプト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 195
PAGE TOP ↑