*

SCP1000 + Arduino + CentOS6.4 データ取得法改善

公開日: : プログラミング

結構な頻度でデータの取りこぼしや異常数値を記録してしまい、グラフがいびつになってしまうので、Arduino側のプログラムとCentOS側のプログラムの双方を変更しました。その記録。

Arduino側プログラムの変更

Arduinoで気圧計測より戴いたSPC1000forArduino1_0.zipを若干変更しました。

  • スタートアップメッセージを削除
  • 温度・気圧の両方とも異常値を除去するようにした
  • 強引ですが、電圧の関係か温度が違いすぎるため、逆算して温度変換の定数を80.0から88.2に変更(TempC = temp_in / 88.2; // Convert to real DegC
    )

Arduino側で変な数字を排除してるため、cactiのグラフがきれいになりました。ありがとうございます!

CentOS側プログラムはPythonに変更

CenOS側での取得プログラムも変更しました。今回はPythonに挑戦です。こういうことはPythonが向いてるのでしょうか。ものすごく簡単に書けるのでびっくり。

保存したデータからcacti,xively(旧Pachube)へはそのまま

以前と同じ

SCP1000+Arduino+Pachube+cacti | 望遠鏡ドットコム

の下のほうに記録してある方法です。Pachubeはxivelyに変わりましたが、Pachubeのまま使えている状態。

SPC1000forArduino1_0.zip内のSCP1000testFor1_0.inoからの変更点差分

Pythonの参考書はまずはこれとGoogle検索

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 304
PAGE TOP ↑