*

arcnameservice.exeが起動時激重の原因だった

公開日: : 最終更新日:2008/08/15 パソコンいろいろ , ,

いつのころからかWindows2000が起動時、激重となってしまっていました。System Idle ProcessとSystemの二つで全体の50%位の負荷となっていて、あれやこれやと調べてみたところ、どうもStuffit11用のサービスである、arcnameservice.exeが原因であることがわかりました。とりあえず、サービスを手動立ち上げとしました。Stuffitを使うときだけサービスを立ち上げればいいのだろうか、いやしかし、そうするといざ使おうと思ってから30分ほどまた激重の時間を過ごさなければならないのか。。。

 そもそもStuffitの体験版をインストールしているのはマックの人からsitアーカイブでデータを受け取ってもまともに解凍できないことが多いからなのです。というのもマックの人はWindowsではファイル管理上、作ろうと思っても作れないようなフォルダ名、ファイル名を使われるのです。フリー版のStuffitだと解凍できないのが、体験版だと解凍できるのでインストールしています。まぁ、そもそも、自由にファイル名をつけてもいいよ、としながらも「実はWindowsだと付けちゃダメな名前があるんだよね」と言われても知ったこっちゃないっすよね。OSXの人にとってはzipも身近だろうけど、OS9だと圧倒的にsitだろうしなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 508
PAGE TOP ↑