*

MacBook Airが充電できない→ロジックボード交換

公開日: : Appleいろいろ

MacBook Airが「充電できません」となったのをアップルに修理に出してようやく直った記録。

修理状況

MacBook Airが「充電できません」

先日、MacBook Airの充電がおかしいことに気づきました。MagSafeのLEDはオレンジなのにメニューバーのアイコンは充電になっていない(満タン以外では稲妻マークであるべき)のです。「給電」はできるのでMagSafeアダプタがつながってれば使えるのですが、これではMBAとして使えない状態です。

ググってみると、電源アダプタ抜き1分で直ったとかあるのですが、どうも私の場合とは原因がが違うようです。今回、MagSafeアダプタのLEDは点灯しているし。。。一応、SMCリセットもやってみたりもしたのですが、状況は改善されず、時には「充電完了まで2◯数時間◯◯分」(正確に覚えてない)!という表示が出たりして明らかにおかしい。

一度バッテリを空にしたところ普通に充電始めたので喜んでたところ、やっぱりまた同じ「充電できません」です。とにかくバッテリーに電気が押し込めてない感じ。

症状をまとめると

  • MagSafeアダプタは充電の色(オレンジ)になっているが、メニューバーのバッテリーアイコンは「給電」状態
  • まれに稲妻アイコンで充電状態になるが、充電完了までの時間がとんでもなく長い(20時間とか)。
  • バッテリーアイコンをクリックすると「充電できません」と表示されることが多い

アップルのサポート頼み

自己解決はあきらめ、アップルサポートに電話。

実は、電話をかけたのではなく、サポートにウェブで修理依頼をかけた数秒後、同時に自宅電話が鳴りました!サポートから電話がかかってくるとはこれはすごい仕組み。

サポートのお兄さんに症状を説明し、SMCリセットも済ませていると告げたところ、ハードの故障だと推測されるので、ということで修理受付となりました。ついでに、Sキーの側面がいつの間にか欠けてしまっている旨も伝えておきました。

MBAの集荷と返送

この時間からだと最速の集荷が翌21日の18時〜21時とのことでしたので自宅での受け渡しにしました。翌日夕食後、クロネコさんが集荷。本体だけ渡すと、専用のダンボールに運転手さんが納めてくださり、無事受け渡し完了。20時集荷だと当日便に間に合わなかったらしく、翌々23日にアップルサポート着。到着当日23日22時頃に修理完了メールが届き、翌24日出荷の25日AM受領となりました。

  • 5/20(月) 18:00過ぎにサポートに電話
  • 5/21(火) 20:00頃クロネコトラックが集荷
  • 5/23(木) 修理完了のメールが届く
  • 5/25(土) 11:00頃クロネコにて到着

修理内容

バッテリーが不良なのかと思いきや、

  • ロジックボード交換
  • いつの間にか欠けていたSキーのキートップ交換

とボード交換となりました。長くパソコン使ってるけど、ロジックボード死亡は初めての経験。1年保証が切れる前でよかったです。アップルサポートは今回も気持ちのよい対応でした。ググってトライするだけしたあとはおとなしくサポート頼みが時間節約の面でも賢明ですね。サポートの皆さん、ありがとうございました。

8月21日に切れるMacBook Airの1年保証を延長するためには24,800円のアップルケアを購入しなければならないのですが、6月には新型MBAも発表されるだろうから買い換えるべきかな。円安で今回のは高くなるかもしれないなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 195
PAGE TOP ↑