*

Lingonで自動起動

公開日: : Appleいろいろ

GCALDaemonは、Google CalenderとiCalなどの間をとりもってくれるソフトなのですが、起動時からiCalの動きを見ていてもらわないといけません。起動スクリプトを毎回立ち上げるのも面倒くさいので、GCALDaemonの導入説明サイトではLingonが紹介されてます。UNIXに詳しくなくてもOKな常駐もの自動起動スクリプト作成用GUIアプリです。GCALDaemon – Sync Google Calendar with Apple iCalでも説明されてますが、せっかく導入してみたので記録しておきます。

LingonのDownloadへのリンクから最新版をダウンロードします。いつものようにアプリケーションフォルダにLingonアプリをインストール。起動させると

lingon1

となってますので、蝶ネクタイ(Assistant)をクリックすると簡単設定画面が開きます。なんとたった3ステップでOKなんです。

GCALDaemon – Sync Google Calendar with Apple iCalには下記の通り説明されています。

14) Then you can create a System Daemon from GCALDaemon using Lingon. To get started, click on ‘Assistant’ in the toolbar.

Keep an application/script always running
Label: net.sf.gcaldaemon (leave ‘Launch only when I log in’ checked)
Application/script: /usr/local/sbin/GCALDaemon/bin/standalone-start.sh

lingon2

上から4つ目を選択してNext。

lingon3

解説サイトのとおり、Labelにはnet.sf.gcaldaemonと記入し、Launch only when I log inにはデフォルトでチェックが入ってると思うので、チェックが入ったままにしてNext。

lingon4

Application/scriptのところに/usr/local/sbin/GCALDaemon/bin/standalone-start.shと記入(標準インストールの場合。別の場所にインストールした場合はそれに応じて変更)。で、Next。

lingon5

緑丸に白三角ですでに準備万端です。これからはもうGCALDaemonの存在を意識することなく、Google CalenderとiCalを同期させられます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Inno Setupを利用して複数PCに同様の環境を構築する

ブラウザベースの業務の効率化のためにブックマークレットを作成したのです

no image
sacd_extractをOSXでmakeする

sacd_extractは、SACD-ISOをDSFやDIFFに展開す

サーバのPositive SSL証明書更新(2015/05版)

サーバの証明書を更新 今年もやり方を忘れていたので再録。

ドイツからMAXI-COSI PebbleとEasy Base2他を個人輸入したときの配送記録

MAXI-COSI Pebbleは国内・海外の価格差がそれほどないので

eBayのGlobal Shipping Programでの配送記録

やっぱり遅いeBayのGlobal Shipping Program

→もっと見る

    • None Found
  • Visits today: 274
PAGE TOP ↑